FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

【 新刊 GAZE 4月号 】19才警察官が上司を射殺!? - 人生色々

2018-04-13
11日夜、滋賀・彦根市駅前交番に勤務する井本光巡査部長(41)が、同僚の男性巡査(19)に後ろから頭と背中を拳銃で撃たれ、殺害された。

男性巡査は2週間余り前にこの交番に配属され、井本巡査が彼の教育係を担っていた。事件後、男性巡査はパトカーで逃走し、12日未明に殺人の疑いで逮捕された。当時、現金およそ50万円を所持していたとのこと。調べに対して、男性巡査は、井本さんに叱責されたからやったと供述しているという。

警察では、拳銃の使用は『自らの生命に危険が迫った時に使用する』と教えているので、この少年巡査は警察学校での成績に問題もなく、拳銃を支給されていることから、よほど上司のハラスメントに堪えきれず、心神耗弱→喪失状態に陥り、自らの生命が危ないと感じて、官給品の拳銃を使用してしまったのなら、致し方ないところである。もしかすると、職務上の正当防衛あるいは少年法の適用など情状酌量の上、模範囚であれば数年で社会復帰できるのではないだろうか。

40年ほど前だが、大手企業で上司の叱責に堪えきれず、バットで殴って死亡させた社員のことを思い出す(日本郵船社員の上司バット撲殺事件)。さらに400年ほど遡ると、若き浅野内匠頭が吉良上野介の度重なる嫌がらせにキレてしまい、事もあろことか松の廊下で刃傷に及んでしまったことが今だに語り継がれている。

人それぞれには個性があり、まして現代は個を尊ぶご時世である。相手のことを思って説教する本人自体が正しいと信じていても、その相手にしてみれば聞くに堪えがたい内容としか受け取られていないことを微塵も計り知れないのであれば、両者の関係は成り立たたず、悪くすれば破綻するのは当然の成り行きである。

人生色々、職場関係が上手く行かないなら辞めればいいじゃないかと説く人もいるが、本人にしたら辞めたいのではなく、ハラスメントを止めて貰らえれば良いのであり、たまたま職場に拳銃が常備されている特殊な環境であるにも拘わらず、うかつにも背後に回られ、銃弾を浴びてしまうのは気の緩みとしか云いようがない。そんな職場の上司・先輩であれば、相手よりも早く拳銃を抜き、『甘いな、拳銃を置きなさい!』と諫められずして警察官が勤まるはずがないではないか。

民間団体ではあるが、同じように職業柄、拳銃を所有する暴力団では、普段は扱いの難しい若者衆に拳銃を持たせる事はせず、出入りの当日になって手渡す位の配慮はしているとのことである。


#市政評論家=にわかコラムニスト=福祉サンタ=古谷一成


スポンサーサイト
tag :

【 新刊 GAZE 3月号 】国税局 窓辺太郎が動く!?

2018-03-12
久方ぶりに、新刊GAZEを編集している。 

巷では、朝日新聞と財務省のどちらが悲劇的な破局を迎えるのかに感心が集まっている様だ。朝日新聞と云えば、捏造記事で名を馳せる報道組織であり、財務省(旧大蔵省)は東大キャリアの中でもエリートが集う役所である。その財務省がここに来て、前言を撤回して『文書書き換えがあった!』と認め、白旗を揚げてしまったのだから、もれはもう喜劇としか云いようがない。

post_22535_20180305.jpg 
写真:つのだよしお/アフロ

ある報道番組を観ていて、元役人のコメンテーターが『東大キャリアにとっては、完全犯罪などはお手の物w。』なのだそうだが、近畿財務局のノンキャリ職員に造反されてしまい、才能をひけらかすチャンスを逸してしまったのだそうだ。

そりゃそうだろう、本省のキャリアが政治家に請われて地方局に圧力を掛けてきた森友問題であり、職場の同僚が板挟みで自殺したとなれば、大阪地検や朝日新聞リークしたのも当然至極である。

昭恵夫人をコントロールできない安倍総理は、国政を危める。


市政評論家=にわかコラムニスト=福祉サンタ=古谷一成







tag :

【 新刊 GAZE 10月号 】 政治家のための選挙。。。

2017-10-24
国民主権であってこそ、議会制民主主義の名の下に選挙が行われるのが建前である筈だが、この国の選挙はチト違う。結局、政治家ファーストなのであるw。

確かに、『選挙に勝たなければ、ただの人』と言われてしまう。だから勝ちたい!戦略・戦術・知略・策略、ありとあらゆる手段を講じてでも有権者の負託に応えたい。政治家と言わず、それが人の性であろう。大企業の不正隠しが横行するのも利己ファーストだからだ。

以前、守谷市議選でインターネットだけで選挙し、図らずも2期連続のトップ落選を果たした輩は、高潔の候補者と認められ、レジェンドにでも成ったのだろうかと察するところ、単に有権者にディスられただけでしかなかった。

米国第16代大統領リンカーンがゲチスバーグで行った有名な演説『人民の人民による人民のための政治』があるが、現代では、それが自民党により政治家に置き換えられ粛粛と引き継がれている。憲法改悪を訴える彼等の理念は、現代の時流に合うように物事を変えていくと云う、正にこれこそが彼等の政治哲学なのであろう。無教養の国民を騙くらかして選挙に大勝し、嘸かし(さぞかし)為て遣ったり(してやったり)のご満悦のことだろうw。


市政評論家=にわかコラムニスト=福祉サンタ=古谷一成
tag :

【 新刊 GAZE 10月号 】 今回の総選挙に思うこと

2017-10-18
議会制民主主義であるから、多数を占めた方が勝ちなのは分かる。選挙の仕組みも多数派、現職が自分達に有利になるよう法律を作っているので仕方がない。

今回の選挙も、自民党の思惑から解散にメリットありと仕組まれたモノで、案の定、野党の野合がなるのかと国民も期待を寄せたのだが、早くも空中分解の様相。リベラル護憲派の立憲民主党がどの位支持を集めるかしか興味が湧かない。

憲法改正の発議には、衆参両院で3分の2を超える賛成が必要だが、すでに参院では、自民・公明・おおさか維新の改憲支持勢力が165議席を占めている。

今回の総選挙では、自民・公明で3分の2を超えるほどの勢いはなく、期日前投票も増加傾向にあることから、有権者の危機意識は薄く、一党一人勝ちの様相は起こり難いと予想する所為か、盛り上がりに欠ける感がする。

北朝鮮問題だけのために、憲法を変えるのもどうかと思うのだが、元はと言えば、満州国建国のツケが未だに残っていると考えるべきなのだろう。あの当時、朝鮮半島は日本に併合され、その北方の巨大な新天地を手に入れたところまでは、昔の人は偉かった♪と褒め讃えたいところだが、統治ノウハウがなかったので、枢軸国側に荷担してしまう愚を犯し、最期は連合国のポツダム宣言を受託してしまう何ともトホホな幕切れとなったことを我々は忘れているのだろうw。

韓国は未だに戦後処理をどうのこうの言ってくるし、北朝鮮とは国交がなく、未だに戦争状態であることを日本人は忘却しているのだ。過去にしでかしたことがデカ過ぎで、日本単独では解決できないので、アメリカさんに荷担して、将来の世代にこの問題を引き継がせることなく、戦後処理を一挙に片づけたいとの国粋主義者達の思いなのだろう。

お隣中国の習近平は、地方の貧困解消に躍起である。格差社会・貧困は反政府勢力を生み、内紛なり国外からの干渉を受け、戦争へと発展するからである。金持ち喧嘩せずで、発展途上の中国に日本は尽くすべきなのである。勿論、日米安保はそのままに、二股外交wこそが日本が取るべき道だろうw。憲法改正で中国を逆撫しては実も蓋もないこと自明である。


市政評論家=にわかコラムニスト=福祉サンタ=古谷一成


tag :

【 新刊 GAZE 9月号 】 経営者失格!?

2017-09-18
太宰治の『人間失格』ならぬ、経営者失格である。

ナゼなら『新刊 GAZE』の存在すら忘却していたのであるw。言い訳の理由を考えるに、自治会の区長業務に忙殺されていた、森友・加計学園問題やJ党議員の次から次へと噴出される醜聞の数々に圧倒されたとしか云いようがない。

そんな惨めな私を観て自省したのか、安倍総理が国会解散を決断された。そう、総理失格だと悟ったからに違いないw。まさか、彼が私のブログを密かに読んでいたとは気付かなかった。。。

先月末に行われた、茨城県知事選挙において、自公推薦の誰だったかが勝利したのを政局の潮目と捉えたのであれば見事である。日本全国民が茨城県民同様にJ党へ投票する、そのたなびく様をとくとこの目に焼き付けておきたい。

【週刊ナンダイ!?】の購読者であれば、ご存知のことと思うが、にわか市政ジャーナリストの私は、都議選、茨城県知事選挙の予測をことごとく外してしまった。それは自分で言うのもナンであるが、恣意的に外していたのですw。天邪鬼(アマノジャク)で我が侭だからwww。

だから、今回の解散総選挙を、ジャーナリスト生命を賭して占うと、それは

自公圧勝!?

と云うことで、読者の皆さんはご納得頂いたでしょうかw。是非、投票所に足をお運び頂き、ご自身の鬱憤を清き一票にて晴らしてみては如何でしょうかw。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。