【 新刊 GAZE 2月号 】 あんなこと、こんなこと。。。

2017-01-28
新年が始まり、もう1月も終わろうとしていますw。新年最初の新刊GAZEの「あんなこと、こんなこと」ニュース。

先ずは、稀勢の里の初場所優勝・横綱昇進おめでとうございました。
kisenosato.jpg
ここ一番に弱く、相撲ファンや地元応援者の気をもます力士ではありますが、それが功を奏して隆の里がおしん横綱と呼ばれ親しまれたように、稀勢の里は久々の日本出身横綱ですので、その期待はひとしおでしょう。

世の中の注目を浴びる人と云えば、この御仁、トランプ大統領ほかありません。
img_8b8bc97569b93d20b4ec78c15b07e681104329.jpg 
世の中どーなっちゃうのか、戦々恐々・魑魅魍魎(ちみもうりょう)としか表現のしようがありませんw。それにしても、凄い国ですし、一人の発言で世界が右往左往してしまうのですから、皆で手間暇かけて協議してきたのがナンだったんだと虚しくなります。

皆が協議と云えば、小池百合子新都政が発足して以降、そのリーダーシップに注目が集まります。
efcfb_1212_b64516973ae14ebd50fed5c8f0979df9.jpg 
豊洲移転問題、2020年東京オリンピック、今夏行われる都議選(定数127)に、自身が主宰する政治塾「希望の塾」から30人超の候補者を擁立する予定だそうだ。かつて小泉政権が自らの改革を推し進めんと小泉チルドレンを誕生させたことの都政版を目論む訳です。何ともまどろこしい政治プロセスなんでしょう。自民党の人が、自身の政党を改革せんと自らの陣笠を整えるのですが、利権に群がる人の群れの移動としか私の目には映りません。そもそも小泉政権は、規制緩和を行い金融不安、派遣社員で疲弊した企業の業績回復を目論むなど、その負の影響が社会格差として今現れています。

4期16年続いた鈴木俊一都政で、築地市場の先詰まりが問題となり、豊洲移転構想が立ち上がる訳だが、ここでも用地買収・整備費が当初3,926億円だったものが、現在では建設費や土壌汚染対策費が高騰し5,884億円になっている。

その後の都知事なられた、青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一は一体何をしていたのだろうか?と首をかしげたくなる。この前、猪瀬直樹が出ていた情報番組を観たが、豊洲移転での土壌汚染問題は専門家に任せたことであり、素人がとやかく言うべきではない云々の発言をしていたが、笑止千万である。あの東北大震災で制御不能となった福島原発は、専門家が「絶対安全」と云うことで建設されたものであるが、津波で発電設備に海水が入っただけで、施設機能が完全停止し、電力会社なのに如何なる方法を持ってしても電源供給することができず、核燃料がメルトダウンしてしまった。現在でも約9万人の避難民が存在し、避難先で”バイ菌”と揶揄され自殺した中学生が出ている。

「想定外だった」と軽々しく専門家は言うのだが、「○○細胞はアリまぁ~す♪」と仰っていた国立研究所のあの女性研究員も高いお給料を頂いていた専門家であるが、未だ事の真相を語らず、ある出版社から手記を出版し、自分は嵌められ、但し上司とは不適切な関係にはないとw。我々の関心は、そんな野暮なことではなく、素人同様、貴男(貴女)も当初から本当は分かっていなかったんでしょと、それを誰からか金銭を頂いて。。。 ←これ以上は書けませんw。m(_ _)m


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成



スポンサーサイト
tag :

【 新刊 GAZE 新春特集号 】 チョット待ってよ、梅木さん。。。

2016-12-31
地元から新住民の梅木伸治さんをポスト松丸新市長と紹介するのは可笑しいとクレームが入りましたw。

議長経験者ならオラが村の伯耆田富夫さんの方が、松丸さんより先だと云うのです。
o1635223613797742604.jpg 

以前、我が家から3軒先のお家のご主人で、市政HPを作って差し上げたり、私も支援者の一人でした。市内の事務所案内看板には、『クリーン伯耆田』を謳い、利根川左岸補強工事や拉致被害者問題早期解決守谷市民大会の実行委員長も務められています。

拉致被害者の写真や資料展示 守谷市役所でパネル展
http://blog.livedoor.jp/trycomp/archives/50148631.html

ついでにと云っては申し訳ありませんが、地元系が期待する『大柏のプリンス』の呼び声高いのが、以前、我が家の斜向かいの長谷川信市さんです。
o0818087313797742812.jpg 

長谷川さんは、上の写真から分かるようにw、感じとしては会田真一前市長のような、飾らない、”市民のためなら喜んで”を実践する御仁であります。

今回は大晦日でもあり、地元のヨイショ記事を書いてしまいました。。。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成




tag :

新しい守谷市政に期すこと ー NEXT守谷

2016-09-19
NEXT守谷!? 守谷の次は、小絹だっぺ。

これが地元住民のレベルかと云えば、然(さ)にあらず。新住民ならびに地元住民の中にも梶岡博樹さんに期待する声は多い。彼についてブログる前に、守谷市政についてこの場でもう一度、語らせて頂きたい。

市政は勿論、住民のための活動である。住民主役でなければいけない。父親(大柏)も私も定年まで、土日を守谷で過ごすパートタイム住民であった(婆さん一人で家を守っていた)。新住民を呼び込む住宅団地を造る以前は、守谷駅前に店など一軒も無かった。戦時中は、対岸の十余二に陸軍の柏飛行場があり、米軍艦載機による攻撃を度々受けたが、何もない守谷には爆弾一発どころか機銃弾一発も落ちてこなかったとか。史実的には、徳川家康が鷹狩りに興じて、夕刻道に迷い、仕方なく椎名家で夜を明かしたことが古文書に記されてある。

何もない守谷に、新しい住民が来たら、先ずする事と云えば、学校の建築である。当時、守谷ではまだ珍しい鉄筋コンリート校舎である。災害時には、防災拠点にもなり、誰も文句はない。次々に住宅団地ができる度に、学校を建てる。ついでに道路・上下水道を整備する。要するに、ハコ物行政である。まぁ、仕方の無い時系列分析であるが、右肩上がりの税収が見込めなくなったと気付く頃には、インフラの維持管理および借入金返済が延々40年ほど続く事態となっていたのである。

別に行政財政は無借金である必要は無いが、返済は勿論、若年世代にツケとして残るので、現在から将来の守谷に魅力がないのであれば、若者達は都市部に回帰してしまうだろう。

今いる住民に何がしてあげられ、将来の住民に何が残せてあげられるのか、それを提示できるのが市政のリーダーたる市長である - 守谷市長≓古谷市長(←なんとなく響きが似ている。。。)。


守谷市政評論家=福祉サンタの古谷一成
 
tag :

今回の守谷市長選のポイント - 状況が変わった!?

2016-09-18
誰もが4年前の会田真一市長と新人梶岡博樹氏との再選を予想していたのだが、な、なんと会田市長が引退を表明したことで、状況は一変した。

会田市長の続投を認めるか、認めないなら梶岡氏有利のシンプルな選挙選となる筈であったが、この4年間、長引く景気低迷・先行き不透明、参院選で自公与党が圧勝したことからも、国民・住民はリスクを恐れ、保守的な選択心理となったようだ。

地元住民は結束して、後任の松丸元議長を支援するのは当然だが、地元系議員のほか新住民系議員までもが松丸氏を応援するとのことである。こうなると、守谷の新住民は地元に気兼ねしてか地元側に投票する傾向があるので、梶岡陣営には気が抜けない選挙となること必至である。

小池百合子新都政の誕生、蓮舫新民主党代表となれば、守谷市のジャンヌダルク山崎裕子氏の市長選出馬が期待されるのだが、不可解なスピード違反逮捕劇で、彼女の出馬は微妙である。

守谷市政の現状は、第2次守谷市総合計画(後期基本計画)の最中であり、松丸氏は当然、この計画を粛々と進めていくのに対し、梶岡氏には議会とのねじれ現象を抱えながら、行革を行わなければならない困難が待ち受けている。その点、山崎氏が参戦すれば、子育て支援など妥当な政策に共感し、地元/新住民を分断する選挙を回避する心理が有権者に働き、票が彼女に流れることも十分あり得るのではないだろうか。


守谷市政評論家、福祉サンタ=古谷一成
tag :

さぁ~、守谷市長選が始まりました♪

2016-09-18
任期満了に伴う守谷市長選(11月13日告示、20日投開票)で、同市議の松丸修久氏(62)が16日、無所属での立候補を表明した。10月末までに議員辞職する予定 ー 茨城新聞より

何も辞職することはないだろうと思うのだが、ルールなので仕方がない。

本命の登場である。私自身は、会田市長の続投や小川一成県議の再出馬を願うのだが、私事や公務の都合もあり、無理は仕方の無いところである。

松丸氏は会田市長との二人三脚で、守谷市のハコ物行政に尽力した御仁であることは云うまでもない。市内の土建業者が次々と廃業する中、彼の松丸工業(株)は市の指定業者として数々の土木建築工事を請け負い、市のインフラ充実に貢献している。知らない内に、この会社のHPに会社案内の動画がアップされていたので紹介しておきたい。
http://matsumarukogyo.com/

茨城人らしい、とても控えめな内容ではあるが、従業員と言葉を交わしたことのある私は、その礼節正しい身の振る舞い、社屋も全く派手さのないコンパクトな外見ではあるが、この会社が手掛けた市内の建物・道路等はしっかりと施工がされているので、是非、皆さんにも点検頂きたいものである。

松丸氏自身にも、以前、行政関係の問題でお声を掛けさせて頂き、素早く対応して貰ったことを覚えている。結構、マメに市民と会合を開くなど、市政リーダーシップと行動力が伴う方である。


会田市長が、つくばTXを引き込み、守谷のインフラを拡充させた偉業の後で、松丸氏も引き続き守谷総合計画を粛々と進めていくのであろうが、ベッドタウン化した守谷の新住民や、先行きの見えない農家、シャッター通り化し始めた旧商店街、市街化調整区域での相続など悩ましい問題を抱える地元住民の生活に潤いと希望が与えられる施策を是非、具体的に発表して貰いたいものである。



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>