5 命を救う福祉電話

2012-01-26
このブログは、ホームページ『古谷一成の守谷市政について考える 』と連動し、守谷市の現状を見つめ、明るい将来を築いていきます。

命を救う福祉電話

市の福祉課が数々の福祉サービスを用意しているのは余り知られていません。その中の1つ、独居老人や障害者には無料で福祉電話を取り付けてくれるサービスがあります。

思えば6年前、母親がクモ膜下で倒れ、偶然、週末だったので、実家に帰っていた私は、深夜、母親が身体の具合が悪いと告げられ、「ひょっとしたら!?」と直感し、市の福祉電話を使って緊急通報したのでした。すぐさま、常総広域消防の担当が応答し、掛かり付けの第一病院に緊急搬送して貰いました。応答から病院到着まで掛かった時間は、10~15分位です。病院では、その日の救急担当は、脳外科医で母親の主治医でした。なんと運の良いことでしょう。

すぐさま精密検査が開始されました。担当医からは、「最善は尽くしますが、クモ膜下は大変危険な病気なので、様態が急変し、死に至ることもあることを覚悟しておいてください。」とインフォームドコンセプトなのですが、私は背筋が凍る思いでした。気丈な母親は「大丈夫だからね♪」とストレッチャーで運ばれながらも、息子に笑顔を見せながら検査室へと消えていきました。

しばらくして姉も駆け付けてきました。数時間検査と治療が続いたでしょうか。その間、私も姉も余り会話を交わすことはありませんでした。検査・治療が無事終わり、母親が眠ったまま出てきました。担当医から状況が説明され、数週間要監視で、その後、リハビリを行うとのことでした。

家の守り犬、守り猫のお陰でしょうか、母のクモ膜下は収束してしまい、MRIでもその痕跡が消えてしまう、珍しい症例だとの医師からの説明でした。

福祉電話のシステムを説明しますと、この電話には緊急ボタンが設けられ、押すと常総広域消防の救急隊に直通し、隊員が応答してくれます。救急隊には利用者情報のデータベースがあり、必要があれば、すぐさま利用者宅に直行し、掛かり付けの病院などへ状況を連絡し、緊急搬送してくれます。その他、各種センサー類も取り付けることができ、予め登録していた連絡先に自動通報する機能も付属しています。

福祉電話            87才の誕生日


80才の誕生日     家庭菜園を楽しむ母




福祉電話については、以下のURLを参照ください。
NTT SL-6

ホームページ『守谷市:古谷一成の守谷市政について考える』もコンテンツが刷新されました。
スポンサーサイト
tag :

4 頑張る人を応援する歌 ベスト3

2012-01-25
このブログは、ホームページ『古谷一成の守谷市政について考える 』と連動し、守谷市の現状を見つめ、明るい将来を築いていきます。


福祉サンタ=古谷一成が選ぶ頑張る人を応援する歌ベスト3

3位 AKB48 365日紙飛行機 朝が来た

2位 ZARD 負けないで 1993

1位 岡村孝子の「夢をあきらめないで」

番外 今井美樹 PIECE OF MY WISH

※クリックするとYouTubeにつながり、曲が流れます。


守谷の福祉サンタ




tag :

3 命の尊さについて

2012-01-22
このブログは、ホームページ『古谷一成の守谷市政について考える 』と連動し、守谷市の現状を見つめ、明るい将来を築いていきます。


命の尊さについて

我が家には、ペットの家墓があります。当家の守り犬、守り猫として、自らの命を投げ出し、母の命を救ってくれた者に対する、私の僅かばかりのお礼のつもりです。

下は、ちょっとショックかもしれませんが、我が家の初代守り犬の菊丸、初代守り猫のクロが天国に旅立つ、あるいは旅立った直後の写真です。2匹とも我が家に転がり込んできたのですが、同時に福をもたらしてくれたのも事実です。

天国に行く直前の菊丸(この後、ムクッとおきて姿を消す!)天国に行った黒(毛がふさふさ戻りました)


菊丸は、生後2週間位で、手のひらに乗るほどの小ささで我が家の畑に置いておかれたのを、運良く見つけ、我が家で飼ったのです。多分、近所の犬好きの家の女の子が、子犬が沢山産まれてしまい、飼えないことから思案した揚句、こっそりと菊丸を我が家に預けたのだと思います。あの時、私の一連の行動を見ながら安堵した顔の女の子を覚えています。この時から、菊丸は私達を命の恩人と心に決め、以後、忠犬として、泥棒を追い払い、母を癒すなど見事な活躍をするのでした。

気ままな猫達もまた、我が家の住環境の良さを聞き付け、入れ替わり飼いネコの振りをして長く居座るのでした。中でも、アメショのデブは菊丸を弟のように可愛がるのですが、後から来たマスクのクロは、犬受けが良くないのにも拘らず、死ぬまで我が家の邪気を追い払ってくれていたと思います。

16年ほど飼った菊丸は、最期、老衰しきって寝そべっていたのを、私が毛布でくるんであげると、しばらくして、元気になりムクッと起き上ったのですが、私が離れた隙に、死に様を主人に見せて悲しい思いをさせたくないとの本能からなのか、姿をくらましてしまいました。この数日前にも、同じ様に姿をくらましたのですが、運悪く家から20メートルほど離れた茂みの中で、野バラのトゲ蔦に絡まり、堪らず助けを呼んだので、探して連れ帰る事が出来たのですが、2回目は彼も死に場所を選び直し、本懐を遂げたようです。

クロは、暑い夏に体調を崩し、便も垂れ流すようになってしまい、身体の毛が抜け落ちてしまいました。驚いた私は、クロをお風呂に入れてあげ、皮膚に軟膏を塗り付け、1~2週間もすると、また毛が生え戻り、クロは何度もありがとうと、ペロペロ私の手を舐めてくれたのです。多分、みすぼらしかった自分の姿を、すっかり綺麗な自分に戻してくれて、死に装束が整ったクロは、私にお別れを告げるので、それを悟った私は、クロの巣箱に赤い座布団を敷いて上げたのです。クロは座布団にうずくまると、1時間ほどで天国に行きました。

天国で、母のことをいつまでも見守っていてくれる菊丸とクロに感謝です。

私の拙い文書では申し訳ないので、YouTube動画で見つけた動物と命のお話

【泣ける動画】自らの命を捧げ、飼い主の命を救った猫

リエチャンネル11  助けた犬の恩返し 我が家のハチ公物語

【泣ける動画】おじいさんとの思い出だけで  生きた犬 実話

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>