参院選のテーマ

2016-02-19
衆参ダブル選挙が噂される中、夏の参院選のテーマを考えてみました。

安保法制改正が成った今、一気に憲法第9条を改憲するようなことにはなりませんので、目下、国民の最大関心事は消費増税ではないでしょうか。

景気の先行きが未だ不透明な現在、責任政党である自民党とは云え、避けて通りたいテーマには変わりはありません。当然、経済界は増税には反対ですし、10%に留まらず国の収支バランスが改善されるまで上昇していくのは既定路線です。

もともと、高齢者の寿命が延び、医療保険費が増加していますので、世代間格差が社会問題となり始めた現在、政治が決断をしなければならないのは確かです。国民も、自らが医療保険負担増加にならぬ工夫ができないと悟るのであれば、意を決して増税を謳う政党に票を投じ、節約生活の算段をつけなければなりません。

もともと、この議論の前に、行政コストを削減する行政改革が各党の目玉だったのですが、歴史ならびに人材の揃った行政機関・官僚がそうやすやすと屈する訳がなく、取り敢えずは言い出しっぺの国会議員が議員定数削減を行って、国民の支持を回復するところから始めなくては、この政治テーマの前進は見込めません。

参院選の目玉トピックスとしては、18才以上の若い有権者が参加するのですが、彼等がどの様な投票行動にでるか興味深いところです。今の若者は意外と保守的だと云われていますので、改憲・増税反対に動くのでしょうかね。

野党5党の結束云々が報道されていますが、野党にこの政治家と云うのがいなくなってしまい(元々、いませんでしたがw)、浮動票の判断材料がないのが残念です。私は、女性議員に票を投じる方なのですが、片山さつき氏(衆院)・蓮舫氏以外に投票したい人物がいません。

世界経済的には、景気の動向が見えてくるのは、ブラジル・リオデジャネイロのオリンピックが終わった頃と言われていますので、テロでも起きない限り、世界恐慌が起きるとは思われませんが、中国やヨーロッパの不況がどの様な形になって現れるのか気になるところです。

産業界にも、目新しい技術・製品が登場する予定もないことから、今後しばらくは景気動向が不安定な状態が続くことは否めません。と云うことは、国民は保守安定を望む心理が働きますので、自民党有利で参院選が行われることが想像されます。そんな中、民主党枝野幹事長が語った『議員定数削減なければ、消費増税に反対する!』は、当然の対立軸を明示したものとして、有権者には有り難い選択肢であります。また、これを受けてか、安倍総理は議員定数削減を前倒しする意向を示した。これは、当然、衆参ダブル選挙を意識してのことであり、自民党幹部も『勝てる時に勝てる選挙』を目論む当然の成り行きととらえているのでしょう。




スポンサーサイト
tag :

市長選に出たい♪

2016-02-05
会田市長から三顧の礼を持って迎えられる位のよほどのことが無い限り、出ないだろうナァ~(出たいけど。。。)

選挙のナニが面白いのかって、そりゃ、無関心でいたことに興味を持つって事かしら。

ちょっと上の世代が学生運動に情熱傾けていたことにも負い目があるんだろうな。

バブルのツケを若い世代に回すのは忍びなく、せめて身近な問題、介護従事者の過重な労働環境・不当待遇や非正規労働者の増加については、ライフワークとして取り組もうと思っています。

公共事業が経済効果を生むというのであれば、社会に必要な仕事をする人達の労働環境を整える、例えば、期間公務員的な扱いができないものかとか。バイト・パート・派遣労働でも就業年数を元に、国から一時金(ボーナス)が支給されるとか。


世の中は、景気が良いんですってね。銀座のデパートで数百万円もする時計が、飛ぶように売れているとか、都心の億ションが売れているそうだ。日銀のマイナス金利政策は、企業やセレブ対策で、多くの負債が目減りするのを狙っているんだな。これにより、身が軽くなり、また、お金を回そうとする経済効果となるのだそうだ。

安倍政権は、税収が上がり、赤字国債額が減り始めたことをアピールする。こうなってくると、夏の参院選は、自民党に過半数を持って行かれるかもしれない。

安保法制改正は、憲法違反である云々の議論は尽くされていないけど、先日、とあるTV番組で陸海空元司令官が日本防衛と課題についての解説があり、外洋侵出を目論む中国を封じ込めるには、米国以外の諸外国と手を携え、国際法の下に封じ込めるしか手立てはないのだが、その連帯行動の最中、日本は憲法9条があるので、自衛隊は出せないと尻込みしてしまうのでは、お話にならないというのには、まぁ、確かにそうだろうなと感じてしまった。
tag :

1人の人間の弱さ - 清原和博の覚醒剤所持による逮捕

2016-02-03
還暦のジジイの目覚めは早く、当然、部屋にはデジタルテレビがあるので、お目覚めタイマーが入り、NHK BS1 5時のワールドニュースを外国語放送で視聴することにしている(←本当だよ)。でそのあと、国内ニュースになるのだが、そこで清原和博が覚醒剤所持で逮捕されたことを知った。西武から、あこがれの巨人軍に入ったまでは良かったのだが、やはり関西人が東京に来るアウェー感に相当悩んだんじゃないかと気の毒な気持ちになる。

落合博満は、東北人であり、ノンプロ時代からオレ流(むしろ東北人らしく、それしか出来ない)を貫く技量が確立されていたのと異なり、生粋の大阪人の清原は、不器用だとは思わないのだが、ただただ相手ピッチャーに向かって行き、内角攻めに苦しみ、怪我を重ねた。関西なら、野次られる・ドツかれるの関西風の肌感があるのだろうが、東京のスーッと静まりかえる雰囲気が何とも云えぬ孤独感を感じると云うようなことを番組で言っていたことが思い出される。

彼は一流のスポーツマンであり、彼のプレーぶりが好きなファンも多い筈だ。一流だけに心的ストレスに悩み、酒・薬物に手を染める人は多い。これは、男性のみ成らず女性にも言える。アメリカでは、心理カウンセリングが充実しているようで、日本にも出来はじめている。

現在、私は酒もタバコもやらない。選挙一筋である。くどいようだが、2期連続トップ落選を果たした時には、皆さんに合わせる顔が無いと鴨居にロープを渡して首を吊って死のうとしたのだが、幸い我が家はパナホームのモダンハウスなので鴨居がなかったのだ。また、危険物甲や毒物劇物の免状を所持する人間が、毒飲んで内臓を焼くような法令違反行為は絶対してはならぬこと位は理解しているのでやらない。

薬物と縁を切り、現場に復帰した人は少数で、敢えて挙げれば槇原敬之と酒井法子位しか知らない。あの野々村竜太郎兵庫県議のような、精神異常があるのではないかと思われる人物か、はたまた、薬物を飲んでしても、自らの苦悩を和らげたいとの気持ちが、徐々にその精神異常に近づき、感覚が麻痺して行くのに気が付かない常習化の罠にはまるのだろう。

母親の介護をしている私は、一時母親の情緒不安に悩まされ、鬱になったことがあった。男性相談員にこの事を打ち明けると、疲れているので少し休んだ方が良いとの助言を受けたが、休める訳もないので、私は精神科の医者を訪ねた。以前、父親が晩年、アル中だったので、家族がもう少し早く、父親が鬱病であることを理解して医者に診せていればの思いがあったので、何のためらいもなく受診できたのだった。2種類ほど薬を頂き、確かに、気分は悪くは成らない。となると、元来の好奇心がムクムクと沸き上がり、抗精神薬の情報を集め始め、医者に別の薬をせがむ、母親の薬をこっそり試す等々悪戯を始めるのでした。

医療界に係わる知人に、このことを半分自慢げに話すと、それは危ない行為だから止めなさいとたしなめられ、以後、薬物からは一切手を引いた私である。

tag :

【 ブログ 】 市長選出てみませんか!?

2016-02-02
マニュアル・ライターである私が、ブログを書く悦びを知ってしまいました。
現在でもブログランキングが上がっているのが面白いです。

こちらのテーマ型ブログは、普段とは別の視点で物事が頭に浮かんだ時に、それをテーマとして取り上げ、自分なりの意見・考え方にまとめて、書き上げるスタイルです。読者と一緒になって、『これはどうなの?』『それは違うでしょ~』的な、書き手と読み手が一体となるような作風を目指しています。

他方の週刊ナンダイ!?は、正直、こちらにハマっていまして、私の性格そのままの、ウィット、パロディ型の、内容のほとんど無い、下らない・お下品なブログで上位ブロガーを目指している処です。


以前、女性議員さん達にHPを作って上げたのですが、流石に、編集ソフトでコンテンツをつくる要領が掴めないらしく、流行始めたブログを紹介したところ、ブラウザから書き込んだり、写真を挿入するのが楽だと好評でした。私は、女の子じゃないんだから、こんなのやるかいとほったらかしていたのですが、どうもネット通販ショップは、クラウド型/ブラウザで管理できるスタイルが主流になりつつあるようですね。

私はまだ、ピース又吉直樹先生の火花を読んでいないのですが、製品についての説明文や作業手順書は書き慣れているのですが、読み手を意識した文書作りに興味を抱き始め、自分なりに相手の関心を引き付ける書き方の工夫をこらして、読んで貰うことを楽しんでいます。一応、3人のそれぞれテイストの違うライターを用意しているのですが、なんとなく分かりますか?

まず、漢字の使い方を意識しますね。最近、中国通販を利用することが多くなり、中国語翻訳ソフトも複数もっているのですが、漢字の威力と云うのを意識するようになり、それを平仮名ではさむ、スクリプト系プログラミングに似た感覚って言ったら解りますかね、兎に角、注目して貰いたい、大事な部分は「漢字のところ」よって読み頭脳にインパクトを与えているつもりなのですが。


さて、コレをお読み頂いている会田市長、今年の市長選は勿論、出馬されるんですよね?

前回、対抗馬のあの若手の方もこのブログをお読み頂いていて、『おぃ、おぃ、もう振ってきたのかよ』と笑っていることでしょう。

やはり、市長選は、ガチンコ対決が鉄板としたいです。

実力不透明な第三者にじゃまされず、とことん市政方針で論じ合って市民の評価を仰ぐ、互いの候補者の情熱を肌で感じてみたいものです。


本日より、『守谷市政ブログコラムニストかつ同アナリスト』の肩書きを勝手に付けさせて頂くことに致しましたことを書き添えさせて頂きます。

以後、よろしくご指導ご鞭撻、お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>