【 新刊 GAZE 新春特集号 】 チョット待ってよ、梅木さん。。。

2016-12-31
地元から新住民の梅木伸治さんをポスト松丸新市長と紹介するのは可笑しいとクレームが入りましたw。

議長経験者ならオラが村の伯耆田富夫さんの方が、松丸さんより先だと云うのです。
o1635223613797742604.jpg 

以前、我が家から3軒先のお家のご主人で、市政HPを作って差し上げたり、私も支援者の一人でした。市内の事務所案内看板には、『クリーン伯耆田』を謳い、利根川左岸補強工事や拉致被害者問題早期解決守谷市民大会の実行委員長も務められています。

拉致被害者の写真や資料展示 守谷市役所でパネル展
http://blog.livedoor.jp/trycomp/archives/50148631.html

ついでにと云っては申し訳ありませんが、地元系が期待する『大柏のプリンス』の呼び声高いのが、以前、我が家の斜向かいの長谷川信市さんです。
o0818087313797742812.jpg 

長谷川さんは、上の写真から分かるようにw、感じとしては会田真一前市長のような、飾らない、”市民のためなら喜んで”を実践する御仁であります。

今回は大晦日でもあり、地元のヨイショ記事を書いてしまいました。。。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成




スポンサーサイト
tag :

【 新刊 GAZE 年末特集号 】 ポスト松丸修久は、この人

2016-12-22
12月21日の毎日新聞地方版に、松丸修久新市長のコラムが『ふるさと事業展望』と題されて掲載されたので紹介したい。

EPSON021.jpg

まぁ、市長初当選なので、まだ表情に余裕がありませんが、福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日昼に市庁舎を離れ、賭けマージャンを繰り返していたことが同21日に全国に知れ渡る、ココまで出来るようになれば大したモノですw。

斉藤市長
斉藤守史飯塚市長


今、守谷市で一番売れている市政ジャーナル月刊誌GAZEが、次の選挙まで待てないと、ネタ作りに躍起な中、思いついたのが、『ネクストもりや市長は誰!?』でありますw。

じゃぁ、じゃぁ~~~~ん♪ それでは、ご紹介しましょう。守谷市で抱かれたい男No.1とも噂される、ハイ、この方ですw。守谷市議議会新議長の梅木伸治氏(54)です。目下、札ビラを切らせたらこの人の右に出られる者はいません! 確か、市議選トップ当選5期連続を更新中で、何れ永久議席を獲得し、生涯市議あるいは無投票で市長になられるかもしれません。
sumeki.jpg

誰ですか、『イヤぁ~ん、ネクストの若い人じゃない!?』って。氏の若い頃のお写真であれば、ホレこちらです。

yjimage.jpgyjimage (5)
※右側が梅木伸治氏です、お間違えの無いようにw。

因みに、梅木氏は神奈川県川崎市で生まれ、小学校低学年までを過ごされ、父親の起業により守谷町に移転された、所謂、新住民なのです。梅乃木コンツェルンの御曹司ですが、最近、お父上が逝去されたとのことで、現在は、(有)梅木商会の最高経営責任者であります。

staff01.jpg

松丸市長の松丸工業が、市内インフラを日々、保守管理するのに対し、梅木議長の梅木商会は市の環境保全に勤める立派な会社さんです。

よくある選挙時期に左系候補者が公共事業利権云々を仰いますが、この梅木議長の会社さんは財務諸表をアップ公開していますので、ボロ儲けできるような仕事が守谷市に転がっていないことが分かります。



市政評論家=福祉サンタ=古谷一成







tag :

【 新刊 GAZE 】 守谷市長選&補選の選挙収支報告書

2016-12-06
11月20日に行われた守谷市長選および市議補選について、各候補者から選挙収支報告書が、本日すべて提出され、情報開示請求により、閲覧することが出来ます。市長選4名および市議補選4名の計8名で76ページにおよび、コピーが欲しい場合は1枚10円の実費で760円請求されました。

興味がある市民の方のために、ファイル化してアップして差し上げたいのですが、個人情報の扱いも配慮しなくてはなりませんので、候補者名を伏せて各総支出額だけを記載することにします。

市長選
A候補者 3,926,246円 ※寄付1,570,000円 人件費1,036,550円 印刷費920,170円 広告費1,256,472円
B候補者 1,122,162円 ※運動員2名
C候補者  933,362円 ※運動員・事務員各1名
D候補者  450,863円 ※運動員1名

市議補選
E候補者  926,435円 ※運動員2名
F候補者  909,741円 ※人件費270,000円
G候補者  210,400円 ※人件費45,000円
H候補者  226,608円 

私個人の感想としては、意外と支出が少ない印象です。守谷市は非常に小さな街で、利権が絡む大型の公共事業は皆無といってよいのかもしれませんが、議員経験者から聞くと選挙に3~5百万円ほどの資金が必要だと云います。供託金没収点に届かない得票ですと、供託金が戻ってきませんので、結構な出費となってしまいます。

日本は、戦国時代の群雄割拠ではそれなりのリーダーがいたのでしょうが、長い鎖国が災いしてか、西洋とは技術・文化両面において明らかな格差がついてしまった。戦後は経済優先で政治家不毛の国となってしまったようです。西洋を模した議会制民主主義が日本人にとってベストなのか、考えなければいけない段階だと思うのは私だけでしょうか。。。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>