【 新刊 GAZE 4月号 】 新シーズンが始まりました。。。

2017-04-09
先ほどまで、TBSの『テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース』を観ていた。1位が東北大震災で、2位がオウム真理教、3位が小泉政権についてであった。個人的には、大韓航空爆破事件の実行犯の一人、金賢姫の当時の犯行についての証言に興味があって観続けていたのだが、ある種の軍事国家であり、その組織員は当然の如く、国に忠誠心を誓い、敵対活動に勤しむのだから、平和ボケしている相手国は堪ったモノではない。

北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射実験に対して、米国は原子力空母を朝鮮半島近海に出動させ、更なる緊張が生じるのが目に見える。その北朝鮮を裏で操る中国は、南シナ海の領有権を確たるものにしようと、人口島に滑走路ならびに軍事施設を完成させ、実効支配をアピール。空母遼寧に続き、純国産空母の複数建造が始まったとの報道があり、軍事バランスが崩れ始めていることが気に掛かる。

ニュースを観ていて、バブル期絶頂の1989年には日経平均株価が3万8,915円だったんだと知り、今年2万5,000円に到達すれば、景気の好循環が予想されるとのこと。お金のある人は株式投資ですw。


一方、日本のインフラは老朽化し、その高額なランニングコストをどう負担するのか国・地方行政で思案するも、なかなか妙案は浮かばない。少子高齢化の足かせが重くのしかかっているからである。ヤマト運輸が大手通販業者に対して価格改定を申し込んだり、同日宅配サービスを一部取り止めるなど、業務拡大のチャンスだろうと思えるのだが、人材確保が難しく、労働環境が悪化するのであれば仕方ないことである。人間の代わりとなるロボット出現は、却って失業率の増加と更なる格差社会に繋がり、巨額の赤字国債の返済が滞ること必至である。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成


スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>