オイラがオバサンになぁっても。。。

2016-01-29
ナンのことはない、森高千里の『私がオバサンになっても』をパロっているだけなのですが、ネット選挙派としては、タイトルのキャッチだけがネット有権者を引きつける唯一の手立てであることをご理解ください。要は、『私が次の市長選に出ちゃったら。。。』なんてテーマでブログりたいだけなのです(←スミマセン)。

しかし、ここに来て、な、なんと、ブログへの来訪者が突然、急上昇し始めたではありませんか。

そうなれば、よしきた、大サービスして差し上げようじゃありませんか♪

外はお寒いので、コーヒーか紅茶、あるいは熱いココアでもすすりながら、今しばらくお付き合いの程をお願いします。

さて、テーマの『私が次の市長選に出ちゃったら。。。』どうなんのってことですが。。。

私は会田市長応援の地元ですので、出来レースになることは当然なのですが、

あっ、チョット、ページを閉じるのは、もうチョットご辛抱ください。今しばらく、し・ば・ら・く・そのままで。。。


2月1日(月)には、選挙結果も確定し、新しい議員さん達が喜び勇んで市役所に出掛ける訳ですが、そんな中、皮肉にも、同日午後に第7回守谷市総合計画審議会が開催されるので、パブリックコメントを提出した私としては、傍聴に出掛けたい面持ちなのですが、その途中で当選者と鉢合わせとなり、『バぁ~○、○ぁ~カ♪』と罵られでもしたらどうしようと、刺身包丁とポリタンクにガソリンでも入れてと、そこら辺を探したのですが見当たらず、テロ行為は卑劣と諦めました。。。

で、この新しい議員さん達がどうなるかと言えば、新住民系が議会過半数を占めることはないので、再び、地元および商工会派のイビリ・虐めに遭い、結局の処、会田市長および松丸議長に上手く丸め込まれてしまう、お約束通りの議会運営となるのです。

要は、地元・商工会派がやりたいことは、そろそろ新住民への恩義も尽くした頃なので、ここらへんで疲弊した地元商工会や農家の再生に方向変換したいと表明したいのですが、茨城DNAが人一倍、濃い会田真一市長は、口が重く、ただただ、ダラダラとハコモノ行政を今後も続けるかもしれません。

そんな会田市長に代わって、新住民の皆さんに向かって、『皆さんの老後は、大丈夫ですか?蓄えは十分ありますか?それなら、今後40年間に投下予定の2,000億円は地元商工会や農家の再生に使いたいのですが、よろしいでしょうか?』と問いかけたいのですが、

あああぁ、ページを閉じて、みな行っちゃったよ。。。

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/15-381c9cff

<< topページへこのページの先頭へ >>