市長選に出たい♪

2016-02-05
会田市長から三顧の礼を持って迎えられる位のよほどのことが無い限り、出ないだろうナァ~(出たいけど。。。)

選挙のナニが面白いのかって、そりゃ、無関心でいたことに興味を持つって事かしら。

ちょっと上の世代が学生運動に情熱傾けていたことにも負い目があるんだろうな。

バブルのツケを若い世代に回すのは忍びなく、せめて身近な問題、介護従事者の過重な労働環境・不当待遇や非正規労働者の増加については、ライフワークとして取り組もうと思っています。

公共事業が経済効果を生むというのであれば、社会に必要な仕事をする人達の労働環境を整える、例えば、期間公務員的な扱いができないものかとか。バイト・パート・派遣労働でも就業年数を元に、国から一時金(ボーナス)が支給されるとか。


世の中は、景気が良いんですってね。銀座のデパートで数百万円もする時計が、飛ぶように売れているとか、都心の億ションが売れているそうだ。日銀のマイナス金利政策は、企業やセレブ対策で、多くの負債が目減りするのを狙っているんだな。これにより、身が軽くなり、また、お金を回そうとする経済効果となるのだそうだ。

安倍政権は、税収が上がり、赤字国債額が減り始めたことをアピールする。こうなってくると、夏の参院選は、自民党に過半数を持って行かれるかもしれない。

安保法制改正は、憲法違反である云々の議論は尽くされていないけど、先日、とあるTV番組で陸海空元司令官が日本防衛と課題についての解説があり、外洋侵出を目論む中国を封じ込めるには、米国以外の諸外国と手を携え、国際法の下に封じ込めるしか手立てはないのだが、その連帯行動の最中、日本は憲法9条があるので、自衛隊は出せないと尻込みしてしまうのでは、お話にならないというのには、まぁ、確かにそうだろうなと感じてしまった。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/28-0fa4bc88

<< topページへこのページの先頭へ >>