公明党よ、連立を解消して!?

2016-07-11
参院選の結果を見て、案の定というか、日本国民は不安状況になると結束して保守行動をとるようだ。

やはり原因は、日本人は西洋スタイルの政治に馴れていないからなのだろう。欧米人は、ポリティクスを自分のレベルで意見をハッキリ言えるが、謙虚さを美徳ととらえる日本人には、日本の国をこの様に変革していこう!という坂本龍馬みたいな発想を元来、持ち得ていないのかもしれない。方向性が示されれば、各自の能力と工夫を発揮して、見事、目標をクリアしてしまう国民性なのだから仕方のないことなのだろう。

個人と自由を求める西洋文化では、個人主義が尊ばれ、それ故に、政治にも個性が求められ、各政党はハッキリとした個性=政策を打ち出すのである。

今回は、定期的に議員の入れ替えを行う参院選にもかかわらず、各政党はハッキリとした政策論議がされないまま、選挙に突入してしまった。それを許してしまった野党の戦略・戦術負け。正直いって、野党の実力不足である。お願いだから、戦争反対・護憲の公明党は、自民との連立を解き、下野して貰いたいものだが、そんな度胸のある政党ではないから無理だろうなぁ~。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/33-4d5be5b7

<< topページへこのページの先頭へ >>