守谷市長選 - ここがポイント!? その2

2016-10-30
市内に街宣車が走り回るようになり、市長選が近いことが否応なしに分かります。が、しかし、アレは告示前なので公選法違反なのですね。贔屓の引き倒しとなっては元も子もありませんので、速やかにお止め頂きたいものです。

従って、守谷市政評論家に落ちぶれた私も、どちらの陣営に利する/不利になるような投稿は控えなければなりません。

新聞報道で周知のとおり、今回の市長選にはその2名が、あるいはひょっとするとあと1名(←私ではありませんw)が立候補する予定です。

つくばTXを引き込んで東京校外的な街創りを目指した会田真一市長の後をどう引き継ぐのかが、市民の関心事と推察するのですが、皆さんの胸中はいかがなモノでしょうか? あと3週間ほどでそれが分かるのですから、あぁ、市民はこう考えているんだと納得いくよう、よく考えて、出来るだけ多くの方が投票して下さることを期待します。


守谷市政評論家として、敢えて言わせて頂けるのであれば、以下のポイントを投票の判断材料として頂けたら幸いです。

①財政的に余裕のない守谷市は、公共施設(学校、公民館、道路、上下水道)を優先したのは仕方ないことですが、その補修費用やランニングコストはこの後40年で約2,000億円→1,800億円を予定。これの更なるコストカットを行い、住民サービス強化を謳うのか?
②少子高齢化の問題への取り組み施策(例: 隣接公立小中学校の合併 → 一貫校、校庭の芝生のグランド化、小中学校の公共施設として多目的利用、高齢者住居の公的なリフォーム・住み替え・資産運用など)
③大型店舗導入で疲弊した旧商店街などの復興支援計画や高齢化して担い手のない農家への対策があるのか?
④市の協働推進についてのより具体的なプランがあるのか?
⑤築地→豊洲新市場移転、東京オリンピックのような、あっと驚く将来プランがナニかないのか?
⑥かつての日本一住み易い街から、単なるベッドタウン守谷に、ナゼ共同墓地がないのか不思議ではないのか?

まぁ、自分で言い出してはみたモノの、大したポイントではないのかな。。。



守谷市政評論家=福祉サンタ=古谷一成
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/47-14772c9f

<< topページへこのページの先頭へ >>