守谷市長選への有権者の心構え - 投票のポイント

2016-11-03
小池百合子新都知事は、公約通り都議会解散を行うのだろうか。

その政治塾に、4,000人超が応募したとのこと。その記事を拝借して紹介する。

小池百合子政治塾 4000人の衝撃波〈AERA〉
Cv_v_0XUIAAPHhW.jpg

アホの様に、ただ議会解散を宣言して、選挙で同じ顔ぶれが戻ってきたら、今度は知事に不信任案が突き付けられ、己が危なくなる。先ずは小池新党を結成するための陣営を育成するのが順番である。誰がそう指南するのかと思えば、案の定、あの橋下徹氏のブレーンだった御仁が、現在、小池百合子氏を支えている。

議会制民主主義だから、やはり組織で戦わなければ、結果は生まれない。所詮、一人で出来ることは限られてしまう。

田中正造、市川房枝、茨城では、あの中村喜四郎など、どう云う思いで訴え、自らの思想を自問したのだろうか。


今回の選挙は、どうも候補者の新しい守谷市の姿が見えにくい、抽象的なキャッチコピーが飛び交う選挙を予想している。

風評では、各陣営も結束し、票固めが終わっているとのことで、すでに勝敗予測もまことしやかに流れてきている。

○○○○さんだそうだw。

どうも、盛り上がりに欠けるようなので、50パーセント=2万6千票前後の票の動きとなるのだろう。その内、浮動票として見込めるのは、多くて3千票位だろうか。

この3千票を新たな2人の候補者で分けるのか、それとも2陣営に流れてしまうのか。

是非、分かり易い公約を掲げて貰い、特に、浮動票の有権者は、候補者を厳しい審議眼で精査して投票を行い、選挙を楽しんで頂きたい。

私の選択は、少なくとも以下の点を公約に掲げる候補者である。
①市内で交通取締を止めさせることを公約に掲げる
②東京オリンピック関連事業の誘致を公約に掲げる


守谷市政評論家=福祉サンタ=古谷一成

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/49-84882b52

<< topページへこのページの先頭へ >>