【 新刊 GAZE 5月号 】 またしても北朝鮮がミサイル発射!?

2017-05-21
韓国の新大統領が対話を呼びかけているにもかかわらず、今年に入って8回目のミサイル発射を行った北朝鮮。なかなか一筋縄ではいかないお国柄である。

kim123 

北朝鮮を支援する中国やロシアも北朝鮮のミサイル開発には否定的なようだが、このまま北朝鮮が暴発しないよう監視・圧力をかけてくれるかは不確定だ。まさか、かつての日本のように米国に向かって引き金を引く愚かさはないと信じるが、それにしても北朝鮮の危うい国内情勢の下、核ミサイル開発が彼等の求心力とはとうてい思えない。広島・長崎は別として、核兵器は抑止力としてその存在が平和の安全弁として機能していた筈と理解するのだが、米国の武力圧力に対し、北朝鮮が核をちらつかせたところで、米国が怯む訳がない。大方、核兵器の完成度を高めることで、西側諸国と拮抗できることを誇示し、イスラム圏の同胞に核兵器を輸出して外貨を稼ぎたいのだろう。狡猾だが、北朝鮮包囲網が進行していく中、彼等が取り得る外交手段の強力な切り札の一つであることは確かだ。これに対して、日米韓を含む西側は、北朝鮮に時間を与え過ぎてしまったことを反省すべきである。


私は、国際ジャーナリストでは毛頭ないので、どうにか少し様になりつつある守谷市政についてブログりたい。

14322641_183055842121088_3928912615484878192_n.jpg 

↑北朝鮮に睨みを利かせている訳ではないが、例の写真週刊誌記事を再三、載せる訳にも行かず無難な一枚を松丸修久オフィシャルHPから拝借してきた。市役所HPにアップされている議会情報や市議会関係者から漏れ伝わる話から判断するに、会田真一元市長から手渡されたバトンで、どの様に第2章を幕開けするのか見えてきた。正義感が強く、真面目な御仁なので、やはり高齢化の進む新住民への配慮、そして現在の市の財政を担う働き世代への支援方針が打ち出の小槌のように次から次へと出てくる筈である。

外れたらゴメンナサイ。。。であるが、この方の性格から先ず間違いない。市長選では、色々と流行語が出揃ったが、”市民ファースト”は氏がことある毎に行ってきたライフワークであり、決して選挙対策のような薄っぺらいモノではない。数名からなる市民グループとの会合を結構、こなしているのを私は知っている。自らをフェミニストと称し、論語の『朝聞道夕死可矣』などをひけらかす議員秘書時代の一面もご愛嬌だが、一応、インテリの私が中国語翻訳すると、『朝日新聞報道を読み過ぎると、夕方には頭が可笑しくなって死ぬぞ!』との大意だった筈。。。


市政評論家=福祉サンタ=古谷一成


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/85-4fce6c5b

<< topページへこのページの先頭へ >>