FC2ブログ

【 GAZE 特別号 】控訴審に逆転判決の懸念材料

2019-12-24
忘年会シーズンも終わり、今年もあと数日を残すのみ。

裁判を抱えながら、年越しなんてどんな気持ちか察しも付かないが、検察の信用を失墜させた前代未聞の大事件 大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件(障害者郵便制度悪用事件)、その張本人、元大阪地検のエリート主任検事、前田恒彦が服役を終え、ジャーナリスト(←コラムニスト?)を新たな働き口として、こんな記事を寄稿しているので紹介しておこう。少し誇張はあるかもしれないが、改ざんはないと思われるw。

財務省セクハラ問題で思い起こす 他人事ではない検察でのセクハラ
001.png
※典拠:Yahooニュース 前田恒彦

本来であれば、お役所内のセクハラ記事ではなく、自らを流転の人生に追い込んだ、勇気ある女性検察官の行動が、今想えば、またこうして日の目を拝めることに感謝しているとナゼ書けないのか、反省が足りていないと云うよりは、よもや自分がエリートの座から転げ落ちようとは思いもよらず、いま少し精神リハビリに時間を要するのだろう。。。

法の蛮人(←正しくは、番人w)による組織ぐるみの犯行。すでに読者の皆さんも胡散(うさん)臭さを感じているように、#MeToo裁判所の舞台裏では、着々と逆転判決へのお膳立てが整えられていることをお忘れ無く。数では劣る権力側の人間は、非力あるいは下層階級の不穏な動きをいち早く察知し、潰す。ソレができなければ、自分が権力の場から追われるからだ。かつては、革命あるいはクーデターなど、数やパワーにより権力者を権力の座から追い落としたが、最近の権力者は智力の他に裏ネットワークでもって、コレに対抗する。かなり巧妙だから油断はできない。そう、味方だと思っていた仲間の中に、スパイ(←失礼w)が潜んでいた、あるいは買収されて寝返ったなんてよくある話だからだ。。。



市政評論家=にわかコラムニスト=福祉サンタ=古谷一成











スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://furuya3.blog.fc2.com/tb.php/94-22596a14

<< topページへこのページの先頭へ >>